HOME > ロレックスの歴史

ただいまページの製作中です。

ロレックスのはじまり

1905-1950 ロレックスの3大発明「オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト」はこうして誕生した。 1905- ロレックス の創業者であるハンス・ウィルスドルフがイギリス・ロンドンに時計会社「ウィルスドルフ&デイビス社」を設立したのは1905年。当時は懐中時計の全盛期で高価なアクセサリーという位置付けであったが、ウィルスドルフは"戦場に赴く兵士たちが懐中時計を手首に巻いて使っていた"という話からヒントをもらい、もっと実用的に使える高精度で信頼性の高い頑丈な腕時計の開発が必要だと予見したという。そのため、ウィルスドルフは頑丈で正確な実用時計の製造を目指したのである。時計販売会社を設立した3年後の1908年には自社ブランド「ロレックス 」として商標登録をした。 1910- ウィルスドルフはまず、スイス・ビエンヌにあったエグラー社と契約を結び、ムーブメントを確保し、1910年には腕時計として世界初のクロノメーターを取得した。これを機にロレックスは腕時計開発の先駆者となっていく。 1926- オイスターケースの誕生 エグラー社との提携によりムーブメントの精度アップに注力する一方、ロレックスは精密なムーブメントを完璧に保護できる強靭なケースを手に入れる。それが、オイスター社(オイスター・ウォッチ・カンパニー)が開発した完全防水ケースであった。ステンレスなどの金属を削り出したケースに、ねじ込み式リューズとスクリュー式バックケースを採用することにより画期的に防水性能を高めており、潜水艦のハッチをヒントに開発されたという。その名称は、堅牢な「牡蠣=オイスター」のイメージから採用した。そして、ロレックス社はオイスター社を買収することで、1926年にオイスターケースをロレックス社名義での特許を取得することになったというのが有力な説である。そしてこれが、ロレックスの3大発明の一つである防水構造ケースの"オイスターケース"の誕生となる。 ドーバー海峡を遠泳にて横断 1927年にはイギリス人のメルセデス・グライツ嬢が、ロレックスのオイスターを身につけてドーバー海峡を泳いで渡りきった。ロレックスは10時間以上も水中にあったにもかかわらず、完璧に動き続けていたことで「ロレックス=高い防水性能且つ、ハードに使っても壊れない」というインパクトを世界に知らしめることに成功した。 1931- パーペチュアルの誕生 1930年代に入ると、パーペチュアル(永遠)と名付けられた自動巻きシステムを発表する。全回転式のローターが腕の振りによって360度回転することによって自動的にゼンマイが巻きあがるという仕組みである。手巻き時計のように定期的にリューズを巻き上げる必要がなくなった。これまでは、手巻式という事もあってリューズ操作を頻繁に行うため、リューズの閉め忘れによる機械内部への浸水トラブルが度々あったが、防水ケースと自動巻きの融合によって"オイスターパーペチュアル"が誕生し、より質の高い防水時計へと近づいたのである。 オイスターとパーペチュアルの融合=バブルバック 1930年代の自動巻きムーブメントは、従来の手巻き時計に改良を施しローターを乗せただけのシンプルな構造であったため、ローターを装備した部分がそのままケースの厚みに繋がってしまった。するとこれまでのバックケースではムーブメントが収まらなくなってしまうという問題が発生した。そこで開発されたのが"バブルバック"である。バックケースを膨らませたような形状にする事で、ケース内の容積を確保しムーブメントを収めたのである。その泡のように膨らんだバックケースの見た目から"バブルバック"と名付けられたと言われている。また、バブルバックとなってからも進化を止めること無く、視認性向上のためスモールセコンドからセンターセコンドへ改善されている。 1945- デイトジャストの誕生 1945年には、これまでのオイスターパーペチュアルに、日付(カレンダー)表示機能を加えた"オイスターパーペチュアルデイト"を発表した。当初のデイト表示機構は日付が変わる午前0時付近になると、時間の経過と共にゆっくりと次のカレンダーに切り替わるという機能であったが、1950年代には日付が翌日に切り替わる"午前0時ジャスト"に時計のカレンダーも瞬時に切り変わるという"デイトジャスト機構"へと改善させた。 こうして、当時では高価なアクセサリーとしての趣向が強かった腕時計を、日常生活で気兼ねなく使える実用時計として完成させたのである。

スポーツモデルのはじまり

1950- 潜水艦という意味を持つサブマリーナが産声を上げたのが1950年頃。防水性能という一点に拘り続けたロレックスの努力の結晶が、プロフェショナル向けの実用時計として歩みを始めたのである。